容易にお金を借りられる現代社会において役立つキャッシングに関する8つの豆知識!

今は簡単にお金を借りられる時代に

最近はとても簡単にお金を借りられる時代になりました。

大手の銀行や消費者金融がこぞってネットやテレビで宣伝しています。また、イメージアップのために、芸能界やアイドルをCMに起用していたりするので、キャッシングに対する不安も無くなりました。

なので、後ろめたさを感じることなくしっかりと利用すれば、あなたの生活にプラスになるということです。

お金を借りられるのはいいことですが、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。初めての方でもトラブルが起きないようにするための方法を説明します。

無理な返済にならない範囲内の金額に抑える

お金を借りることは簡単でも、返すのはとても難しいことです。なので、最初から無理の無い範囲内でお金を借りることは大事なことです。

また、返済するときには金利がかかりますので、きちんと返済するためには最初から金利の低いところからお金を借りればいいでしょう。

返済するときには、どうしても元金のことしか頭にありませんが、金利がかかることを忘れてはいけません。なので、銀行カードローンを利用するなどして、しっかりと低金利のカードローンに契約するようにしてください。

キャッシングを賢く利用するための方法

キャッシングであれば、どのようにして利用するのが賢い方法なのでしょうか。

生活していると、急なお祝いや不測の事態が起きるので、どうしてもお金が足りなくなることがあります。そんなときに頼りになるのがカードローンです。

カードローンはマイナスイメージがある方もいますが、そもそも使いみちをきちんと決めておけば怖いことは全くありません。

例えば、今すぐお金が必要になったのであれば、即日キャッシングが利用できるカードローンを使ってみましょう。このときは金利よりもむしろ即日対応してくれるかどうかで決めてみましょう。

じっくりと長期間にわたって返済するとき

長期間返済を続けるつもりであれば、当然ですが金利が低いほうがいいに決まっています。

金利が1%でも違うと、返済期間が長くなればそれだけ返済総額が変わってきます。なので、そんなときには銀行ローンなど、低金利を謳い文句にしている金融機関と契約してください。

逆に短期返済をするつもりであれば、消費者金融を利用するといいでしょう。確かに金利は消費者金融の方が高いですが、実は消費者金融には無利息期間がありますので、金利が全くかからずに返済できることもあります。

銀行に断られたときの対応はどうするか?

せっかくローンを組もうと思って銀行に申請したのはいいけど、審査に落ちてしまったという方もります。

そのような場合であれば、信販会社を利用するといいでしょう。信販会社も銀行並の低金利で融資していますので、銀行の次に選ぶ金融機関としては最適です。

さらに、信販会社のカードはコンビニのATMで使うことができるので、返済もキャッシングも凄く楽です。また、ショッピングで利用したとしても、お得な優待サービスを受けることができるので、とても便利に活用することができます。

誰でもたくさんお金を借りられるの?

銀行や信販会社、消費者金融に申請すれば、誰でもたくさんお金を借りられることができるのかといいますと、そうではありません。

それぞれの金融機関には審査というものがあります。審査に通って初めてお金を借りられるかどうかが決まります。そして、審査によって、利用限度額や金利が決まります。

どの程度までお金を借りられるのかや、金利はいくらになるのかは、あなたの信用状態によって異なりますので一概には言えません。ただ、普段からローンやキャッシングを利用して、きちんと返済しているのであれば問題無く審査に通るでしょう。

総量規制によって限度額が決まる

消費者金融や信販会社には総量規制というものがあり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないという制度があります。なので、あなたの年収が300万円としたら、最大でも100万円までしかお金を借りることができないというわけです。

申請すれば年収以上のキャッシングができるというわけではないので、その点は気をつけるようにしてください。

ただ、総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社になるので、銀行の場合は対象外になります。なので、銀行ならたくさんお金を借りることができます。

事前にシミュレーションをしてみるといい

ただ、お金をたくさん借りたとしても、実際に毎月いくら返済してどのくらいの回数返済を続ければいいのかというのがわかりません。

そこどお勧めなのが、予めシミュレーションをすることです。公式サイトには、シミュレータを用意している金融機関はたくさんあるので、あなたもきちんと利用すればどのくらい返済を続ければいいのかがわかります。

こうやって完済までの回数や金額を予め把握しておけば、実際のところどのくらい返済すればいいのかがわかるので、計画を立てやすいというわけです。

投稿日:

Copyright© ミツトク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.